ここから本文です

「股のぞき」で立命館大・東山教授らがイグノーベル賞

ITmedia ニュース 9月23日(金)13時2分配信

 立命館大学は9月23日、股の下から顔をのぞき込ませたときに視野が平面に見え、遠くのものが小さく接近して見える「股のぞき効果」に関する研究で、第26回イグノーベル賞知覚賞を受賞したと発表した。同大文学部 東山篤規教授と大阪大学 人間科学研究科 足立浩平教授の共同研究。

【股のぞきに興じている人びと】

 股のぞきによって視野と上体を逆さまにすると、全体的に物が小さく見え、風景の奥行き感が無くなることを股のぞき効果という。これまでは「網膜の上下逆転により視覚世界が変化する」「上体の上下逆転により視覚世界が変化」の2説が有力とされていたが、東山教授らは網膜像の方向と上体の方向を分離するために、上下を逆転させる逆さめがねを使った実験を行ったという。

 実験結果から、股のぞきによって遠くのものが小さく見えたり、距離が圧縮して知覚したりするのは、視野の逆転ではなく上体の逆転によるものであると突き止めた。

 「今回の受賞を通じて、アメリカの学問の懐の深さを感じました。こういう浮世離れの感がする研究を真剣に取り上げ、評価してくれたことをうれしく思います。若い学生・研究者は、誰もしないこと、自分が面白いと思うことを研究してほしい。そして、この賞が、そうした研究の励みになることを願っています。また、今回の受賞を通じて、研究成果を英語で海外に発信する重要性を再認識しました」(東山教授)

 イグノーベル賞は、1991年に米国の雑誌「Annals of Improbable Research」が創設。人々を笑わせながらも考えさせる業績をたたえ、並外れたものや想像力を称賛し、科学、機械、テクノロジーへの関心を刺激するために制定された。

最終更新:9月23日(金)13時2分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]