ここから本文です

事件前、被害者と共に行動か 浜名湖・切断遺体の容疑者

朝日新聞デジタル 9月23日(金)11時39分配信

 浜松市北区の浜名湖岸で7月、北海道出身で京都府の工員出町優人さん(32)の切断された遺体が見つかった事件で、殺人などの容疑で逮捕された浜松市北区三ケ日町大谷、無職川崎竜弥容疑者(33)が、5月ごろから出町さんと繰り返し連絡を取り合っていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 静岡県警は出町さんが川崎容疑者の誘いに応じる形で静岡県内に出向き、その後、何らかのトラブルに巻き込まれたとみて調べている。

 県警や捜査関係者によると、出町さんと川崎容疑者は数年来の知人。しばらく連絡が途絶えていたが、今年5月に入ってから再びメールなどでのやり取りが確認されるようになったという。7月に入ると、2人が浜松市内などで行動を共にしていたことが防犯カメラの映像などで確認されたという。

 川崎容疑者は7月5日ごろ、静岡県磐田市内に借りていたアパートで出町さんを殺害したなどとして、今月22日に逮捕された。

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)11時39分

朝日新聞デジタル