ここから本文です

サッカー=イングランド、ユーロ2024招致に消極的

ロイター 9月23日(金)11時14分配信

[22日 ロイター] - イングランド・サッカー協会(FA)のグレッグ・クラーク会長は、2024年欧州選手権(ユーロ2024)の招致に向けて立候補する可能性が低いことを明かした。

次回のユーロ2020は60年記念大会としてヨーロッパ全体の13会場で開催され、準決勝と決勝がイングランドのウェンブリー競技場で行われることが決まっている。

クラーク会長はユーロ2020の大会ロゴ発表会で「2020年の決勝を開催した4年後に2024年大会を開催するというのはとんでもない要求だろう」と語った。

クラーク会長はさらに「最近の立候補(2018年ワールドカップ)では1800万ポンド(約23億8000万円)を費やしながら勝利できなかった」と話し、当時の招致失敗の経験が慎重な姿勢につながっているとした。

最終更新:9月23日(金)11時14分

ロイター