ここから本文です

【ろっけんグルメ】浜料理 ふるさと(山形県鶴岡市) 庄内の新鮮な海の幸堪能

産経新聞 9月23日(金)7時55分配信

 庄内名物「だだちゃ豆」を生かした和洋菓子類などの土産物、日本海に面した地の利を生かした新鮮な海の幸が堪能できる海鮮料理…。さまざまな店が並ぶ山形県鶴岡市の「庄内観光物産館」がオープンした平成6年から、館内に店舗を構えているのが「浜料理 ふるさと」だ。

 今月10、11日に天皇、皇后両陛下が山形を訪問されて開かれた「全国豊かな海づくり大会」が市内で開催されたこともあり、同館も関東方面からの観光客や警備関係者らでにぎわった。「通常の2、3割多いお客さまが来られました」(同店)という。

 「海鮮ちらし寿司」「うにいくらの二色丼」「海鮮丼」「お刺身定食」などの注文が目立つ中で、店の1番人気は「特撰海鮮ちらし寿司」(1800円)。白身やハマチなど地元の庄内浜で揚がった魚に、マグロやホタテ、甘エビ、イクラやウニなど計11種類のネタを「程良い粘りが酢飯に良く合う」という庄内産ササニシキのシャリに惜しみなく盛り付ける。カニみそ汁や小鉢、お新香も付いており、贅沢三昧(ぜいたくざんまい)の丼だ。

 ネタも、脂の乗ったハマチの濃厚な味わいに加え、この日の白身魚のタイの上品な甘さが口いっぱいに広がる。甘エビやホタテも格別だ。浜辺ならではの新鮮な刺し身が存分に楽しめた。

 中トロやボタンエビなどの極上ネタを吟味した「荒磯海鮮丼」(2800円)もお値段は張るが、海鮮好きにはたまらない一品だろう。(森山昌秀)

                   ◇

 ▽アクセス 山形県鶴岡市布目中通80の1。山形自動車道「鶴岡IC」隣。(電)0120・79・5111(庄内観光物産館 ふるさと本舗内)

 ▽営業時間 午前11時~午後5時(4時半ラストオーダー)

 ▽定休日 年中無休

 ▽店主お薦めの他店 「中華そば 琴の」(鶴岡市羽黒町)。「市内の人気ラーメン店から、最近のれん分けしたお店。細縮れ麺にあっさりスープが癖になります」

最終更新:9月23日(金)7時55分

産経新聞