ここから本文です

吉田豊ツクバアズマオーで弟隼人倒す/オールカマー

日刊スポーツ 9月23日(金)9時28分配信

 25日の中山メイン、オールカマー(G2、芝2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)で、夏に力をつけたツクバアズマオー(牡5、尾形充)がG1馬に挑む。4月に準オープンを卒業したばかりだが、古馬になっての重賞初挑戦だった函館記念(9番人気)も3着と、上昇度なら屈指の存在だ。過去9回の騎乗で【3 1 3 2】と手の内を知り尽くす吉田豊騎手は「ロスなく運べるかどうか。前に馬を置いて脚をためられれば」とポイントを挙げた。

 実弟の吉田隼騎手が騎乗する昨年の有馬記念優勝馬ゴールドアクターと今年の宝塚記念覇者のマリアライトが人気を二分。ダービー馬ワンアンドオンリーなども加わり、ハードルは高いが、吉田豊は「相手が相手だけど、馬は順調。できれば内枠が欲しい」と、97年メジロドーベル以来の同レース制覇を見据える。【山田準】

最終更新:9月23日(金)9時28分

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ