ここから本文です

エミリー・ブラントら「ガール・オン・ザ・トレイン」キャスト陣がロンドンに登場

映画ナタリー 9月23日(金)13時37分配信

「ガール・オン・ザ・トレイン」のワールドプレミアイベントがイギリスのロンドン・レスタースクウェアにて現地時間9月20日に行われ、キャストのエミリー・ブラント、ルーク・エヴァンス、ヘイリー・ベネット、レベッカ・ファーガソン、監督のテイト・テイラー、原作者のポーラ・ホーキンズが出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ブラント演じる主人公レイチェルが、通勤電車の窓からある夫婦の不倫現場を目撃したことから始まる物語を描くミステリー。レイチェルにとって“理想の夫婦”だったスコットとメガンをエヴァンスとベネット、レイチェルの元夫と不倫の果てに結婚する女性アナをファーガソンが演じている。

アレキサンダー・マックイーンのドレスに身を包み登場したブラントは、愛する夫と離婚し傷心の日々を送るレイチェルについて「とてもつらい状況に置かれているけれど、彼女の考えや行動を推し量ることは誰にもできないわ。社会とのつながり方は人それぞれだから」とコメント。

スコット役を務めたエヴァンスは完成した本作をすでに2回も観たそうで、「女優陣が素晴らしかった。この映画の一部になれてよかったよ」と喜びを露わにし、「ストーリーがとても複雑だし、スタンリー・キューブリックの映画みたいで大好きだよ」と熱っぽく語った。

そしてベネットは、自身が演じたメガンについて「悲劇的なキャラクター。今、たくさんの観客に見られているから彼女と同じく私も悲劇的な状況よ(笑)」と冗談を交えつつ、「メガンは簡単に人を嫌いになる。そして、彼女の見た目と内面はまったく違うの」とコメント。最後に「すごくエモーショナルで、すべての要素がミステリアスなのよ」と作品を称賛した。

「ガール・オン・ザ・トレイン」は、11月18日より東京・TOHOシネマズ みゆき座ほか全国でロードショー。



(c)Universal Pictures

最終更新:9月23日(金)13時37分

映画ナタリー