ここから本文です

ベルカント好調キープ/スプリンターズS

日刊スポーツ 9月23日(金)9時28分配信

<スプリンターズS:1週前追い切り>

 スプリンターズS(G1、芝1200メートル、10月2日=中山)の1週前追い切りが22日、東西トレセンで行われた。2年連続のサマースプリント王者ベルカント(牝5、角田)は栗東坂路で僚馬に頭差遅れたが、4ハロン51秒0-12秒2の好時計をマークした。

 猛然と迫った。2馬身先行するのはエリシェヴァ(3歳1000万、同左)。調教駆けするパートナーとの差をみるみる詰め、最後は頭差まで追い上げた。角田師は「追い切りはビシッとやった。いつも動くからね。相手も動く馬で、いい時計が出た。これで来週はサラッとでいい」とプラン通りを強調した。

 暮れの香港遠征は招待次第。馬主サイドから年内引退→キズナとの種付けが発表されており、ラストランが近づいてきた。角田師は「1戦1戦、悔いのないように」と勝負仕上げを施すことを誓った。平地重賞5勝は現役牝馬では最多。ビッグタイトルを加え、その血の価値を高める。【松田直樹】

最終更新:9月23日(金)22時38分

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ