ここから本文です

仏女優M・コティヤール、B・ピットの離婚には「無関係」と声明

ロイター 9月23日(金)12時5分配信

[ロサンゼルス 21日 ロイター] - フランスの女優マリオン・コティヤールさん(40)が21日、米女優アンジェリーナ・ジョリーさん(41)と夫の俳優ブラッド・ピットさん(52)との突然の離婚には何の関係もないと否定、二人が「平安」を見つけることを望むとした上で、現在妊娠中の子供の父親は長年にわたるパートナーだと確認した。

一部メディアが、コティヤールさんとピットさんのロマンスが離婚に関係している可能性があると報じたことを受け、自身のインスタグラムに声明を投稿した。

アカデミー賞主演女優賞を獲得しているコティヤールさんは、声明の中で、「何年か前に、私は生涯の人に出会った。私の息子と生まれてくる子供の父親だ。彼は私の愛であり、最良の友であり、私が必要とする唯一の人だ」と、パートナーの仏俳優ギョーム・カネさんについて語り、ピットさんとの関係を否定した。

コティヤールさんとピットさんは、戦争ドラマの最新作「マリアンヌ」(日本公開2017年2月)で共演している。

最終更新:9月23日(金)12時5分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。