ここから本文です

ありがとう仮設校舎 岩手・大槌学園、移転前にお別れ会

朝日新聞デジタル 9月23日(金)12時34分配信

 東日本大震災の津波で大きな被害が出た岩手県大槌町で、約5年にわたりプレハブ仮設校舎だった町立大槌学園で23日、新校舎移転を前にしたお別れ会が開かれた。児童・生徒は教室や廊下を念入りに掃除して、仮設のまなびやに別れを告げた。

【写真】感謝を込めて仮設校舎の教室を掃除する児童ら=23日午前10時43分、岩手県大槌町、葛谷晋吾撮影

 町内の大槌、大槌北、安渡、赤浜の4小学校と大槌中学校の合同仮設校舎として2011年9月に、町の内陸部に完成。4小学校は13年4月に大槌小学校に統合され、15年4月から小中一貫の大槌学園となった。

 約2キロ離れた高台に新校舎が完成し、今月26日から新たな地で授業が始まる。

 代表であいさつした生徒会長の永井雄大(たけひろ)さん(14)は「思い出は語り尽くせない。新校舎が多くの人の支援でできたことを忘れず、町の復興のシンボルになるような学校にしたい」と話した。(星乃勇介)

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)12時34分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。