ここから本文です

ブリヂストン、インドネシア新工場で自動車用防振ゴムの生産開始

レスポンス 9/23(金) 17:31配信

ブリヂストンのインドネシア子会社PT.ブリヂストン アストラ インドネシア(BSAI)は、新工場の開所式を9月23日に実施したと発表した。

BSAIは、ブリヂストンとインドネシアの自動車部品製造・販売企業アストラ オートパーツ社が合弁で設立した自動車用防振ゴムの生産会社で、合計投資金額は約1740億ルピア(約14億円)の予定。

ブリヂストングループは、自動車用防振ゴムの生産拠点を5か国7か所に保有していたが、さらなるグローバル展開を図るため、アセアン地域における主要な自動車生産国であるインドネシアに2015年8月、6か国目の生産拠点としてBSAIを設立。BSAIでは当面インドネシアの完成車メーカー向けに製品を供給するが、将来的にはアセアン地域への輸出も視野に入れていく。

また、新工場の稼働で、インドネシア国内の生産品目拡充や製品品質の向上、新技術の導入を進め、さらに同社のグローバルでの原材料調達網やアストラ オートパーツ社のインドネシア国内サプライチェーンを活用するなど、同国内における自動車用防振ゴム事業の競争力強化を図る。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/23(金) 17:31

レスポンス