ここから本文です

「Notepad++」が4年半ぶりのメジャーバージョンアップ。64bit版パッケージを追加

Impress Watch 9月23日(金)12時37分配信

 テキストエディター「Notepad++」の最新版となる「Notepad++ 7」が、22日に公開された。4年半ぶりのメジャーバージョンアップとなる本バージョンでは、64bit版パッケージが新たに追加された。

 64bit版のバイナリは32bit版のバイナリよりも若干サイズが大きくなってしまうが、より多くのメモリを扱えるようになるため、動作速度と安定性の向上が期待できる。また、セキュリティ面においても脆弱性を突いた攻撃が難しくなるなどのメリットも享受できるだろう。

 ただし、プラグインの一部は64bit版「Notepad++」に対応しておらず、利用できなくなるので注意。開発チームは、プラグインの作者に対して64bit版への対応を奨励している。

 なお、本バージョンでは多くの不具合修正も行われた。なかでもインストーラーとして利用されている「NSIS(Nullsoft Scriptable Install System)」の更新には注意。v3.0へのアップデートにより、DLLハイジャックの脆弱性が修正されているという。

 「Notepad++」は、オープンソースで開発されているプログラマー向けのテキストエディター。実行速度を重視したコンパクトなサイズながら、幅広いプログラミング言語をサポートしたコード補完機能とシンタックスハイライト機能を備えており、海外のプログラマーを中心に幅広い支持を受けている。寄付歓迎のフリーソフトで、現在本ソフトの公式サイトからダウンロード可能。

ソフトウェア情報「Notepad++」【著作権者】Notepad++ team【対応OS】Windows(編集部にてWindows 10で動作確認)【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)【バージョン】7(16/09/22)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:9月23日(金)12時37分

Impress Watch