ここから本文です

Bリーグがド派手開幕!川淵氏「ほとんど90点」

日刊スポーツ 9月23日(金)9時52分配信

<バスケットボールBリーグ:A東京80-75琉球>◇第1節◇22日◇東京・代々木第1体育館

【写真】バスケ新時代 DJ、レーザー光線、LED…

 男子プロバスケットボールのBリーグが、国立代々木競技場でのアルバルク(A)東京-琉球ゴールデンキングス戦で開幕した。NBLとbjが統一されて迎えた歴史的一戦は終盤にもつれる大接戦。9132人の大歓声の中、A東京が80-75で琉球に競り勝った。Bリーグが掲げる「夢のアリーナ空間」の未来図を示すような演出と、両チームの激闘でバスケット新時代は幕を開けた。

 どちらに転ぶか分からない展開に、アリーナの興奮は頂点に達した。昨季NBL勝率1位のA東京と、bjリーグ王者琉球。第4クオーター(Q)残り1分32秒、A東京は3点差まで迫られた。しかし、元NBAプレーヤーのギャレットが冷静にボールを運び、相手の焦りを誘った。

 残り1分を切ったところで、激しいマークで琉球・岸本のトラベリングを誘い、A東京は攻撃権を取り返した。最後は、相手の反則で得たフリースローを2本成功させ、勝負を決めた。伊藤ヘッドコーチは「勝ち負け以上の試合。見る人をワクワクさせる試合ができた」と興奮気味だった。要所で3点シュートを決め、第3Qにノールックの背面パスで観客を沸かせた田中は「注目されたビッグゲームに勝つことができてよかった」と声を弾ませた。

 前評判の高かったA東京のリードに、なかなか会場は盛り上がらなかった。しかし、エリート集団に対し雑草軍団と言われた琉球の追い上げで、一気に熱気に包まれた。終わって見れば80-75という大接戦。大河正明チェアマンは「2つのリーグが1つになったことを、この試合で見せられた」と、開幕戦の意義を強調し、両チームを褒めたたえた。

 11年間分裂していた2つのリーグを統一し、Bリーグを創設した川淵三郎・初代チェアマンは目を潤ませていた。23年前、サッカーのJリーグを誕生させ、2つ目のプロスポーツの開幕に立ち会った。試合後のあいさつで「Bリーグが世界に冠たるリーグになるために、皆さん、力を貸してください」と観客席に呼びかけた。

 まばゆい光と音による華やかな演出と、それに応えるような選手の激闘で最後までもつれた試合。川淵氏は「ほとんど90点。100点とは言えないが、かなりの高得点」とまずは合格点をつけた。「9・22」。バスケット新時代はついに幕を開けた。【桝田朗】

 ◆Bリーグ 企業チーム中心のNBLとプロチームのみで構成されるbjの2リーグが統合されたバスケットボールの新リーグ。17年5月まで開催される。B1、B2ともに各18チームが東、中、西地区に6チームずつ分かれ、各地区で36試合、他地区と24試合、各チーム合計60試合のレギュラーシーズンを戦う。終了後は年間王座を決めるチャンピオンシップや残留プレーオフ、B1、B2、B3の間で入れ替え戦が行われる。B1、B2ともに登録選手は各チーム10人以上13人以内。外国人選手は3人まで、国籍取得選手が1人のみ認められている。

<Bリーグの試合>

 ◆競技人数 試合は5人で行い、1試合のエントリーは12人まで。各チーム外国人3人、国籍取得選手1人が認められている。

 ◆試合時間 各クオーター(Q)10分ごとの計40分で行う。第2Qが終わるとハーフタイム。

 ◆得点 通常のシュートが2点。3ポイントラインの外側からのシュートが3点。シュート時に反則を受けると、フリースローが2本(3点シュートの時は3本)与えられ、1回成功するごとに1点が加えられる。

 ◆オンザコート・ルール Bリーグでは、外国人の出場がQごとに最大2人までに制限される。試合前に、各Qで起用する外国人選手の人数を申告する。日本人及び国籍取得選手の場合は「0」。外国人1人+国籍取得選手の場合は「1」、外国人2人の場合は「2」(この場合国籍取得選手は出られない)。この数字の合計が4Qで「6」を超えないよう、ヘッドコーチは戦略を練らなければならない。

最終更新:9月23日(金)10時34分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]