ここから本文です

MLB=ロンドン公式戦開催に前進、17年シーズンにも

ロイター 9月23日(金)12時21分配信

[22日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)コミッショナーを務めるロブ・マンフレッド氏とロンドンのサディク・カーン市長が会談し、MLB公式戦のロンドン初開催に向けて前進した。

MLBは、2017年の公式戦をロンドンで初めて開催する意向を今年初めに示していたが、合意には至っていなかった。今回の話し合いについてMLB広報は「コミッショナーと市長は様々なトピックについて非常に良好な話し合いを行った。どのチームの試合かなど具体的なことは決まっていない」とコメント。

先週のメッツ─ツインズで始球式を行ったカーン市長は21日、「話し合いを行っており、ロンドンにMLBが来てほしい」と報道陣に話していた。

なお、米国のプロスポーツでは、米ナショナルフットボールリーグ(NFL)が2007年から2020年までロンドンでレギュラーシーズンの公式戦を少なくとも1試合開催することになっており、米プロバスケットボール(NBA)も来年1月にロンドンで7試合目の公式戦を行うことになっている。

最終更新:9月23日(金)12時21分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。