ここから本文です

ラックスマン、オーディオに理想的なサイン波に補正するクリーン電源

Impress Watch 9月23日(金)12時39分配信

 ラックスマンは、電源波形から歪みなどを除去し、オーディオシステムに補正した電源を供給するというクリーン電源システム「ES-1200」を10月下旬に発売する。価格は58万円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 家庭内の家電製品は、交流電源を直流に変換して内部回路を動作させるための整流回路を備える。これらの回路や内部の半導体の動作により、電源波形に歪みが発生するため、ピュアな信号増幅を目的とするオーディオ機器の性能を阻害する要因になるという。

 クリーン電源「ES-1200」では、新開発のサイン波形差分同期補正回路(シンクロナイズド・デルタ・コレクター・サーキット)を搭載。入力された電源波形を、内部に記録した50kHz/16bitのPCMによるデジタル基準波形と比較し、オーディオシステムにとって理想的なサイン波となるよう高精度に補正。出力電源波形の全高調波歪率は0.1%以下としている。接続したオーディオ機器に、最大1,200VA(内部損失分含む)まで供給できる。

 補正処理は電源のコールド(NEUTRAL)側のみで行ない、補正電圧を作り出すために高精度パワー素子を6パラレル接続している。ホット(LIVE)側の入出力間には、直列に挿入される部品のないダイレクト・カップリング方式を採用し、トランジェント特性を損なわない高速応答性を実現するという。

 入力電圧はAC90~110Vまで対応し、自動で電源周波数50Hz/60Hzの切り替えが可能。出力電圧はAC100V(固定)で、周波数は入力周波数に同期する。

 ACインレットには金メッキと非磁性処理を施したものを採用。ACアウトレットはパナソニック製ホスピタルグレードのものを8出力備える。電源ケーブルは、3.5スクエア・ノンツイスト構造の極太ケーブル「JPA-15000」が付属する。

 出力容量をリアルタイムに視覚化する、出力VA表示用の8段階LEDバーメーターを搭載。入出力電圧、入出力歪率、出力VAの詳細表示のため、7セグメントLEDによるマルチファンクション・ディスプレイも備える。

 外装はブラスターホワイトのパネル仕上げとし、ラックスマン製コンポーネントのマッチングするデザインとした。その他、一定内部温度以上で動作する強制空冷用の静音ファンを備え、インシュレーターにはグラデーション鋳鉄製レッグを採用している。外形寸法は440×415×179mm(幅×奥行き×高さ)。重量は17.5kg。

 なお、ES-1200は9月30日から東京・有楽町で開催される「2016東京インターナショナルオーディオショウ」に出展し、同社の全試聴システムの電源インフラとして使われる予定。

AV Watch,庄司亮一

最終更新:9月23日(金)23時45分

Impress Watch