ここから本文です

サムスン電子、「ギャラクシーノート7」の米国リコール「半分完了」

WoW!Korea 9月23日(金)16時43分配信

サムスン電子は米国で「ギャラクシーノート7」リコールが半分程度行われたと22日(現地時間)明らかにした。

 サムスン電子は米国ニュースルームで「サムスンエレクトロニクスアメリカ(SEA)がギャラクシーノート7のリコールが半分程度行われたと発表した」とし「ギャラクシーノート7利用者の90%は新製品交換を選択した」と伝えた。

 米国のギャラクシーノート7利用者の10%のみが開通をキャンセルし、払い戻しをしたり他の製品に変更したことで、市場予想値より比較的低い数値だ。

 順調なリコールを肯定的に評価する現地報道も相次ぎ出てきた。フォーブスは22日(現地時間)「サムスンが顧客の安全を何よりも優先し正しい決定を下した」とし「米国の消費者製品安全委員会(CPSC)の公式リコール発表前に先制的に交換プログラムを発表したのは、より多くの消費者が(バッテリー改善前)ギャラクシーノート7を購入することを防止できる戦略だった」と評価した。

最終更新:9月23日(金)16時43分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。