ここから本文です

米国芸術勲章、コメディー映画の巨匠M・ブルックス氏らに授与

ロイター 9月23日(金)12時45分配信

[ワシントン 22日 ロイター] - 米ホワイトハウスで22日、米国芸術勲章と人文科学勲章の授与式が行われ、コメディー映画の巨匠メル・ブルックス氏や女優のオードラ・マクドナルド氏らが出席した。

ブルックス氏は、オバマ大統領からメダルを授与される際、大統領のズボンをずり下ろすまねをして見せ、大統領の笑いを誘った。

大統領はブルックス氏と握手し、メダルをイーベイで売らないようにとジョークを飛ばした。

このほか、モータウン・レコード創業者のベリー・ゴーディ氏、作曲家のフィリップ・グラス氏、作家のサンドラ・シスネロス氏、ロン・チャーナウ氏らもメダルを授与された。

受章者の1人だった映画俳優・監督のモーガン・フリーマン氏は欠席した。オバマ大統領は「また黒人大統領を演じていて来れないのだろう。彼は決して私に機会を与えない」とジョークを口にした。

最終更新:9月23日(金)12時50分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。