ここから本文です

【パリモーターショー16】スマート フォーツー 新型にEV、最大160km走行可

レスポンス 9/23(金) 19:38配信

ドイツの高級車、メルセデスベンツ傘下のスマートは9月22日、新型『フォーツー・エレクトリックドライブ』の概要を明らかにした。実車は9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開される。

画像:新型スマート フォーツー・エレクトリックドライブ

同車は、新型スマート『フォーツー』をベースに開発されたEV。クーペボディとオープンボディの「カブリオ」の2種類が設定される。

車体のリアに搭載されるモーターは、最大出力81hp、最大トルク16.3kgmを発生。最高速はリミッターによって130km/hに制限された。0-100km/h加速は、クーペが11.5秒、カブリオが11.8秒の性能を発揮する。

バッテリー(二次電池)は、ドイツ・カーメンツのダイムラーの子会社、ドイチェ・アキュモーティブ社製の蓄電容量17.6kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電での最大航続可能距離は、欧州の計測モード(NEDC)で、クーペがおよそ160km、カブリオがおよそ155km。

充電時間は、英国と米国の方式で2.5時間と、先代比で半減させた。2017年にオプション設定される新開発の急速チャージャーでは、およそ45分で充電が完了する。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/23(金) 19:38

レスポンス