ここから本文です

辺野古移設訴訟、沖縄県が上告 国との争い、最高裁へ

朝日新聞デジタル 9月23日(金)14時32分配信

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、埋め立ての承認を取り消した沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事を国が訴えた訴訟で、県は23日、国の訴えを認めた福岡高裁那覇支部の判決を不服として、最高裁に上告した。

 地方自治法は、国と都道府県の間の裁判では上告期限を1週間と定めており、23日が期限だった。県が上告したことで、辺野古移設をめぐる法廷闘争の舞台は最高裁に移る。

 移設計画を巡っては、前知事が2013年12月に沿岸部の埋め立てを承認したが、翁長知事が15年10月にその承認を取り消した。その後訴訟合戦となったが、いったん和解し、国は今年3月、改めて承認取り消しの撤回を求める是正を指示。翁長知事は従わず、国は7月に翁長知事を相手取り再び提訴した。

 福岡高裁那覇支部は今月16日の判決で、「普天間飛行場の被害を除去するには新施設(辺野古の代替施設)を建設する以外にはない」などとした国の主張を全面的に採用。前知事が出した埋め立て承認を合理的と認める一方、翁長知事がそれを取り消したことは違法と認定し、国の勝訴を言い渡した。

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)14時32分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。