ここから本文です

歌手キム・ヒョンジュンさん側「軍検察で無嫌疑…元恋人のウソが明らかに」

中央日報日本語版 9月23日(金)17時27分配信

歌手で俳優のキム・ヒョンジュンさんの無嫌疑が確定した。

キム・ヒョンジュンの所属事務所キーイーストは23日、「22日、軍検察は告訴人が提起したキム・ヒョンジュンさんの誣告(虚偽告訴)に対する誣告、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反(恐喝、詐欺)、出版物による名誉毀損に対する誣告全てに対して『無嫌疑』の判決を下した」と伝えた。

続いて「今回の無嫌疑判決は民事勝訴判決と同じ脈絡」としながら「告訴人は今回の刑事裁判でも改めて自身の主張と弁解がウソであることを立証した」と伝えた。

また「キム・ヒョンジュンさんは残りの期間、誠実に軍生活に臨む考えで、今後の法律的な訴訟にも断固として対処していく」と付け加えた。

これに先立ち、キム・ヒョンジュンは元恋人のチェさんを誣告、恐喝、詐欺、名誉毀損で告訴した。するとチェさんはキム・ヒョンジュンを誣告、名誉毀損で逆告訴していた。

次はキム・ヒョンジュン側公式の立場の全文。

こんにちは。キーイーストです。

報道された通り2016.9.22、キム・ヒョンジュンさんと告訴人の間の刑事訴訟に対する軍検察の判決がありました。これに対するキム・ヒョンジュンさんと所属事務所の公式立場をお伝えします。

本件はキム・ヒョンジュンさんが告訴人を誣告、恐喝、詐欺、名誉毀損で告訴すると告訴人がキム・ヒョンジュンさんを誣告、名誉毀損で逆告訴した刑事告訴です。キム・ヒョンジュンさんが軍服務中であるため、これまで30師団軍検察でこの事件に関連した調査を進めてきました。

2016.9.22軍検察は告訴人が提起したキム・ヒョンジュンさんの誣告に対する誣告、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反(恐喝、詐欺)、出版物による名誉毀損に対する誣告に対しすべて『無嫌疑』の判決を下しました。

今回の軍検察のキム・ヒョンジュンさんの無嫌疑判決は8月10日、ソウル中央地裁民事合議25部(部長判事イ・フングォン)が告訴人とキム・ヒョンジュンさんの間の損害賠償請求訴訟で告訴人に1億ウォン(約913万円)を支払うよう命じたキム・ヒョンジュンさん勝訴の判決と同じ脈絡であり、告訴人は今回の刑事裁判でも改めて自身の主張と弁解がウソであることを立証しました。

告訴人はキム・ヒョンジュンさんの名誉を傷つけると同時に金銭的な利益も取ろうと偽りの主張を繰り返して各種訴訟を起こしてきました。最初の告訴以降、キム・ヒョンジュンさんを脅迫して合意金名目で6億ウォンを受け取った後も極めて個人的な情報をメディアに流し、その事実が明確に異なると認められる状況でも否定するなどの行為を繰り返しています。

キム・ヒョンジュンさんは残りの期間、誠実に軍生活に臨む考えで、後法律的な訴訟にも断固として対処していくつもりです。

最終更新:9月23日(金)17時27分

中央日報日本語版