ここから本文です

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ロイター 9月23日(金)12時50分配信

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官と共和党候補ドナルド・トランプ氏が直接対決する26日の第1回テレビ討論会が、過去最高の視聴者数を記録する見通しだ。一部のコメンテーターらは、米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の王座決定戦「スーパーボウル」の視聴者数に匹敵する約1億人の米国人が視聴すると予想している。

討論会は、ニューヨーク市郊外のホフストラ大学で行われ、コマーシャルなしの90分間、地上放送やケーブル局など複数の局で放映される。

政治やメディアに詳しい専門家らは、今回の討論会が1980年10月に行われたロナルド・レーガン氏とジミー・カーター氏による討論会の8000万人を上回るとみている。

トランプ氏の存在を印象付けた2015年8月の第1回共和党大統領候補者討論会が、2400万人が視聴し過去最高を記録したことも、今回の予想の裏付けとなっている。

米国で最も視聴者の多いイベントあるスーパーボウルは2015年、1億1500万人が視聴し過去最高を記録した。

*写真を差し替えて再送します。

最終更新:9月23日(金)13時14分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。