ここから本文です

macOS Sierraの「Apple Watchで自動ロック解除」が便利すぎる

ITmedia PC USER 9月23日(金)15時45分配信

 Appleは9月20日(現地時間)、多数の新機能を盛り込んだ新OS「macOS Sierra」の正式版をリリースしました。その新機能の中でも、6月のWWDCで発表されて以来、ずっと楽しみにしていたのが、Apple WatchでMacを自動ロック解除する機能。使ってみると想像以上に快適そのものでした。

【アンロックの瞬間】

 断言します、「この機能のためにApple Watchを買っていい」レベルです! iPhoneに初めて指紋認証でロック解除できる「Touch ID」が搭載されたときを思い出しました。Apple Watchは製品の特性上、他デバイスと連係させてなんぼの端末なので、iPhoneに続きMacともコンビネーションが取れるようになりうれしい限り。

 Apple Watchを手首につけた状態であれば、パスワード入力を省略してMacに自動でログインできます。Apple Watchを身に着けていなかったり、3m以上離れていたり、Apple Watchがロックされていたりすると使えません。つまりApple Watchをデスクに置いたままだとか、人に自分のApple Watchを使われたからといって、勝手に解除される心配はないということ。

 筆者は一瞬だけ席を外したいときに、毎回スリープからのロック解除が面倒という理由から、今までは「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」設定を「5分後」にしていました。しかし、自動ロック解除なら2秒経たずに作業復帰できるので(イスに着席する時間とほぼ同じ)、パスワードを要求を「すぐに」に再設定しました。Macのセキュリティを高めながら、ロック解除の手間が省けるので、対応機種を持つユーザーは設定しておくべし。

 この機能を使うには、macOS Sierraが搭載されたMid 2013以降のMacおよび、iOS 10が搭載されたiPhone、watchOS 3が搭載されたApple Watchが必要です。

 なお自動ロック解除を設定する際、Apple IDの2ファクタ認証(iOS 9およびOS X El Capitan以降のOSに直接組み込まれた、セキュリティをさらに強化する認証手法)が必要です。Apple IDの管理ページより、従来の2ステップ確認から切り替えることができます。

 Apple Watchでの自動ロック解除以外にも、iOSでおなじみの「Siri」対応、Apple製品間でコピー&ペーストができる「ユニバーサルクリップボード」機能など、Sierraには新機能が多数追加されています。試してみたいユーザーは、Mac App Storeからインストールを。

最終更新:9月23日(金)15時45分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]