ここから本文です

寺島、藤平、高橋、今井…大豊作の高校生投手 ドラ1指名4人なら7年ぶり

デイリースポーツ 9/23(金) 14:00配信

 プロ志望届の提出が始まり、ドラフト戦線が佳境を迎えている。大学生は秋季リーグ戦の真っただ中。一方で、公式戦が終わった高校生は評価が固まった。10月上旬に国体に出場するチームもあるが、ケガのチェック程度。大勢に影響はない。

 今年の傾向は、高校生投手に逸材がそろったこと。その筆頭格が、高校日本代表にも選出された4投手だ。

 もっとも即戦力としての評価が高いのが、履正社・寺島成輝投手。最速150キロを計測するが、最大の長所はさまざまな球種と球速でピンポイントのコースを突ける制球力、相手との力関係や試合状況で力の入れ具合を変えられる投球術だ。パ球団のスカウトは「左腕ではアマナンバーワン。彼の場合は、大学・社会人と同じ対象として考えないといけない」と、総合力が高校生離れしていると話していた。

 身体能力では、横浜・藤平尚真投手。186センチ、83キロの体格。なおかつ、中学3年時に陸上の走り高跳びでジュニア五輪優勝のバネを備える。自己ベストは2メートル1センチというから驚きだ。トレーニングにも熱心な右腕は、152キロの最速もまだ伸びそう。甲子園期間中に習得したシンカーをいきなり投入する器用さ、名門・横浜仕込みのフィールディング技術も高い。プロ側からは「将来性は藤平かな」「腕の振りは高校生では一番でしょう」という声が上がっている。

 花咲徳栄・高橋昂也投手は、最速152キロの圧倒的な球威が魅力。パンパンに鍛え上げられた太ももと尻まわりは、高校日本代表の中でも抜きんでていた。それでいて、ペタリと股割りができる柔軟性もある。今夏は安定感を求めて減らしていたフォークは、三振を量産できるウイニングショット。リリーフ適性もありそうな左腕を「速いだけじゃなく、球が重い」「真ん中あたりの真っすぐで空振りが取れる」と、スカウト陣は称賛する。

 夏の甲子園開幕まで“BIG3”と称されていた彼らの中に、一気に割って入ったのが、作新学院・今井達也投手。全5試合で150キロ超えを果たして甲子園V。スピンのかかった直球は低めでも伸びる。高校日本代表の壮行試合では、大学日本代表を相手に2回で4者連続を含む5三振を奪った右腕は、スカウト陣をして「直球の質は1軍レベル」「肘の柔らかさ、フォームが素晴らしい」「1位競合もある」と言わしめた。身長180センチ、体重が70キロ台前半という線の細さはあるが、プロのトレーニングを積んで体ができれば…という伸びしろの裏返しでもある。

 取材したスカウト陣の声を総合すると、即戦力としての寺島、それに近い形で高橋、将来的なスケール感で藤平、今井というところ。各球団で好みは分かれるだろうが、最終的にはそろって1位指名されるだろう。ちなみに、高校生投手4人が1位となれば、09年の西武・菊池雄星(花巻東)、広島・今村猛(清峰)、中日・岡田俊哉(智弁和歌山)、日本ハム・中村勝(春日部共栄)以来7年ぶり。それ以前では、ダイエー・寺原隼人(日南学園)、広島・大竹寛(浦和学院)ら5人が指名された01年にまでさかのぼる(05~07年の高校、大学・社会人分離ドラフトはのぞく。球団は指名時)。

 4人以外にも、北海道の最速154キロ左腕・古谷優人(江陵)、キレ味抜群のスライダーで高校日本代表でも活躍した広島新庄の左腕・堀瑞輝投手、同じく高校日本代表の153キロ右腕・島孝明投手(東海大市原望洋)らが上位候補に名を連ねる。

 夏以降「今年は本当に高校生にいい投手が多い」と話すスカウト陣の声を何度も聞いた。今ドラフトでは、創価大・田中正義投手が一番人気になるのは確実だが、“一本釣り”や将来性を重視して高校生にシフトする球団も少なくないはず。運命の日は10月20日。多くの球児の笑顔が見られることを願いたい。(デイリースポーツ・藤田昌央)

最終更新:9/23(金) 14:06

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。