ここから本文です

日馬富士がV2へ結びの豪栄道戦を目に焼き付ける

日刊スポーツ 9月23日(金)9時53分配信

<大相撲秋場所>◇12日目◇22日◇東京・両国国技館

 ぐるりと1回転、土俵中央で琴奨菊を振り回した横綱日馬富士(32=伊勢ケ浜)は、勝ち残りで結びを見守った。「両目で見ました。ちゃんと目を開けて見てましたよ」とおどけながらも、豪栄道の姿を目に焼き付けた。「俺がどうのこうのいうより、まだ3日間ありますから。1日1番に集中して頑張りたい」。白鵬不在の秋で壁になるべく、13日目の直接対決へ静かに闘志を燃やした。

【写真】豪栄道が鶴竜も撃破 大阪出身86年ぶり優勝へ王手

 帰り際にはリオデジャネイロ五輪柔道男子73キロ級大野将平の金メダルを初めて首にかけ、人さし指で「1」を作った。「初めて。すごいエネルギーをもらった。気持ちいい。これでまだ、いけるな」。12日目終了時点で2差。逆転優勝には厳しい状況だが、1場所15日制が定着した49年夏以降で3例ある。連覇へ、まだ諦めない。

最終更新:9月23日(金)10時46分

日刊スポーツ