ここから本文です

中国に「良くない印象」、日本9割超 中国側は7割台

朝日新聞デジタル 9月23日(金)16時9分配信

 NPO法人「言論NPO」(工藤泰志代表)などは23日、日本と中国共同の世論調査結果を公表した。互いに相手国に対して「良くない印象」を抱いていると回答したのは、日本側は尖閣問題の影響で昨年よりも悪化して9割超。一方の中国側は日本旅行ブームの効果もあってか、少し改善して7割台だった。

 調査は2005年から毎年続けており12回目。今年は日本側は8~9月に1千人、中国側は8月に都市部を中心に1587人が回答した。「良くない印象」と回答したのは、日本側は91・6%(昨年88・8%)、中国側は76・7%(同78・3%)だった。

 「良くない印象」を持つ理由は、日本側は「(中国が)尖閣諸島周辺の日本領海や領空をたびたび侵犯しているから」(64・6%)がトップ。中国側は「(日本が)中国を侵略した歴史についてきちんと謝罪し反省していないから」(63・6%)を一番に挙げた。

 相手国に「良い印象」を抱いているとの回答は、日本側は8%(昨年10・6%)で、理由は「留学生の交流など民間交流により中国人の存在が身近になっているから」(46・3%)など。中国側は21・7%(昨年21・4%)で、理由は「日本人は礼儀があり、マナーを重んじ、民度が高いから」(52・9%)などだった。

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)17時36分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。