ここから本文です

山岸竜之介、舞台『星空ロック』ギター少年役で演技初挑戦

BARKS 9/24(土) 20:31配信

LIFE IS GROOVEを中心に活動中のギタリスト・山岸竜之介が、新感覚音楽劇『星空ロック』で演技初挑戦にして主演を務めることが明らかとなった。

◆新感覚音楽劇『星空ロック』フライヤー画像

『星空ロック』の原作は、2014年度 第60回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(中学生の部)にも選書されたベルリン在住の作家・那須田淳によるベストセラー小説で、人前が苦手な隠れギター少年・レオが、ベルリンを舞台に自分の“音”を探し、成長する様子を描いた作品だ。今回山岸はレオ役を演じ、未発表の新曲も初披露予定。ヒロイン・リサ役に新垣里沙、ユリアン役に平牧仁の出演も決定している。

公演は、11月14日~20日まで東京・ザムザ阿佐谷にて行なわれる予定。スケジュール等、詳細はオフィシャルサイトにてご確認を。

新感覚音楽劇『星空ロック』11月公演情報
公演期間:2016年11月14日(月)~20日(日)
劇場:東京・ザムザ阿佐谷
出演:山岸竜之介(レオ役)・新垣里沙(リサ役)・平牧仁(ユリアン役)他
スタッフ:原作・脚本:那須田淳(『星空ロック』あすなろ書房/ポプラ文庫ピュアフル)
演出:杉山恵 音楽監督:大垣知哉 統括プロデューサー:山中勝博(Yプロジェクト)

最終更新:9/24(土) 20:31

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]