ここから本文です

新松戸でファーマーズマーケットとビアフェス 地元農家と飲食店がコラボ /千葉

みんなの経済新聞ネットワーク 9月23日(金)16時30分配信

 新松戸中央公園(松戸市新松戸6)で10月9日、「収穫祭プラスinしんまつど」が開かれる。 (松戸経済新聞)

会場を盛り上げたステージ出演者(写真は前回の様子)

 地元農家が提供する採れたての野菜や果物を販売する「ファーマーズマーケット」と国内外のビールと地元飲食店のグルメを提供する「ビアフェスタ」から成る同イベント。ビアフェスタ会場の特設ステージでは音楽やパフォーマンスなどを予定している。

 「そば処けやき庵」店主で同イベント実行委員長の鈴木敦さんは「今回は20代後半から50代前半の人たちに楽しんでもらえる企画を考えた。曲をシームレスにつないでいく『リミックスDJ』が50年~90年代の洋楽や邦楽を会場で楽しめるようにする。会場に用意されたカードやツイッターで曲のリクエストも受け付ける」と話す。

 ファーマーズマーケットには地元農家18店が、ビアフェスタの飲食店には21店が出店。ビールは国内4メーカーと海外14銘柄を提供。ビールのカップは100円で買い、返却時に返金されるデポジット制。環境に考慮してゴミを減らす工夫も施すという。

 鈴木さんは「以前新松戸6丁目交差点近くにあった『Before I die...』のボードを会場に設置する。廃校になった新松戸北中学校の黒板で製作したもの。ビールを飲みながら死ぬ前にやりたいことを自由に書き込んでほしい。ジャンケン大会ではディズニーランドのペアチケットを進呈。たくさんの人に来てもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は、ファーマーズマーケット=10時~15時、ビアフェスタ=10時~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月23日(金)16時30分

みんなの経済新聞ネットワーク