ここから本文です

稀勢の里、優勝は絶望的も来場所綱とりへ望み残す

日刊スポーツ 9月23日(金)9時53分配信

<大相撲秋場所>◇12日目◇22日◇東京・両国国技館

 大関稀勢の里(30=田子ノ浦)は魁聖を寄り倒して3敗を保った。

【写真】豪栄道が鶴竜も撃破 大阪出身86年ぶり優勝へ王手

 右の上手が1枚まわしで伸びきり、攻めあぐねて36秒3もかかったが、最後は相手の下手を切って前に出た。優勝は絶望的だが、来場所への綱とり継続の望みはかすかに残っている。13日目から横綱戦が始まるが「やることは変わらないですから」と懸命に気持ちをつないだ。

最終更新:9月23日(金)10時47分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]