ここから本文です

初防衛戦の荒川仁人、余裕の計量

デイリースポーツ 9月23日(金)14時29分配信

 「ボクシング・日本ライト級タイトルマッチ10回戦」(24日、後楽園ホール)

 前日計量が23日、都内の日本ボクシングコミッション(JBC)で行われ、初防衛戦に臨む荒川仁人(34)=ワタナベ=は200グラムアンダーの61・0キロ、挑戦者で同級4位の塚田祐介(27)=鉄拳8=は61・1キロで一発でパスした。

 荒川は「今朝、300グラムアンダーだったのでオニギリを食べました。調子いいですね」と万全の状態をアピール。「あとはリカバリーをしっかりして、最高の状態でリングに上がるだけ」と、ドリンクを飲んだ。

 4月に京都で王座を獲得した。「初防衛戦は2度目ですね」というベテラン。記憶力も確かで「東洋太平洋を入れると3度目か。12年2月に三垣君(龍次=M・T)とやっていますね。日本タイトルは10年9月の大村(光矢=三迫)選手でしたね」とキャリアを振り返った。

 挑戦者は182センチと長身だが「僕は183センチの相手とも闘ったことがあるのでそんなに気にならない」と一蹴。「勝つことは前提ですけど、先を見据えた内容にしたい。東洋太平洋、世界を期待できるような試合にしたい」と意気込んだ。

 挑戦者の塚田は昨年12月に高畑里望(ドリーム)に2回TKO負けからの再起戦が、初のタイトル挑戦となった。「失うものは何もないし、やるだけ。これまでで一番いい。これまで強がりで言ったこともあるけど、今度は本当にいい」と、下克上に燃えている。

最終更新:9月23日(金)21時47分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]