ここから本文です

立川にドイツのサイクルサッカー、フィギュア選手団が来日 華麗な技を披露 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月23日(金)17時0分配信

 たちかわ創造舎(立川市富士見町6)に9月21日、自転車の室内競技「サイクルサッカー」と「サイクルフィギュア」のドイツジュニア選手団が来日し、同施設内の体育館でデモンストレーション競技を披露した。(立川経済新聞)

サイクルサッカーのデモンストレーションの様子

 サイクルサッカーは、後ろにもこげる専用自転車を用いて行うスポーツで、ルールはサッカーとほぼ同じ。ドイツなどヨーロッパで盛んに行われている。現在、日本の競技人口は500人程だが、世界ランキングで5位に入賞したこともあり、アジアの強豪国として知られている。サイクルフィギュアはフィギュアスケートのように音楽に合わせて自転車を操り、技の難易度と美しさに応じてポイントを獲得していく競技。

 「日本室内自転車競技連盟」が行っている国際交流事業の一環で行われた今回のデモンストレーション。同選手団は大阪で開催された「2016ジャパンカップ」に合わせ、9月15日から10日間の日程で来日しており、期間中は日本国内で親善試合や合同練習会などを実施している。

 同市への訪問は、サイクルサッカーの東京初のクラブチーム「たちかわサイクルサッカークラブ」の代表で、日本室内自転車競技連盟の理事も務める松田鋼さんの尽力により実現したという。

 当日は、同施設内の体育館で、ドイツの19歳以下の代表メンバーが華麗な技を披露。清水庄平立川市長も視察に訪れ、迫力ある試合や技に歓声をあげた。

 今年4月に発足した「たちかわサイクルサッカークラブ」はたちかわ創造舎の協力のもと、同連盟と関東社会人クラブが中心となり立川市や隣接する地域の学生や社会人にサイクルサッカーを指導、立川からサイクルサッカーの魅力を発信し、地元のスポーツコミュニティーの一翼を担うことを目指す。現在、毎週木曜・日曜に同体育館で練習を行っており、メンバーも募集している。

 大学時代にサイクルサッカーに魅せられたという松田さんは本場ドイツのクラブチームで経験を積んだ後、帰国。日本代表選手として活躍した経験を持つほか、現在は日本オリンピック委員会自転車競技強化スタッフも務める。「当クラブには日本代表経験のあるコーチもそろっている。日本代表を狙える空間が立川にあることを知ってもらえたら。立川から日本代表を輩出していきたい」と意気込みを見せる。

 今月25日には、同体育館で「サイクルサッカーたちかわ女子リーグ」も開催。関東エリアの大学生チーム6チームが熱戦を繰り広げる。開催時間は18時~。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月23日(金)18時30分

みんなの経済新聞ネットワーク