ここから本文です

フォルクスワーゲンにイグ・ノーベル賞 「排ガス有害物質の問題を解決」した“功績”

ITmedia ビジネスオンライン 9月23日(金)16時37分配信

 ユニークな研究をたたえるイグ・ノーベル賞が9月22日発表され、排ガス不正問題に揺れた独Volkswagen(フォルクスワーゲン)に「化学賞」が贈られた。受賞理由は「自動車が排出する過度の有害物質問題を、検査時だけ電気機械的な方法で減らすことで自動的に解決した」。

 同社の不正は昨年9月に発覚。米国の排ガス規制を逃れるため、ディーゼル車について検査時だけ有害物質の排出を抑えるソフトを搭載していた。

 イグ・ノーベル賞はこの“発明”を皮肉ったものだが、授賞式には同社関係者は現れなかったようだ。

最終更新:9月23日(金)16時37分

ITmedia ビジネスオンライン