ここから本文です

スーパーサブ武藤が入って2点「悪くなかった」

日刊スポーツ 9月23日(金)9時53分配信

<ブンデスリーガ:ブレーメン1-2マインツ>◇21日◇ブレーメン

 マインツの日本代表FW武藤嘉紀(24)は、ブレーメン戦に後半30分から出場したが、無得点に終わった。試合は2-1で勝利した。

【写真】武藤マインツ劇的逆転「欲を言えば決勝点は自分が」

 “スーパーサブ”武藤がチームに流れを引き寄せた。0-1の後半30分から出場。チームは2点を決めて逆転勝利したが、武藤が相手DFを引きつけたことで決勝点が生まれた。この日は無得点だが、リーグ戦3試合に途中出場して2試合でゴール。切り札としての起用を「得点だったり、流れを変えることが大事。自分が入ってから2点取れたという意味では、悪くなかったと思う」と喜んだ。(中野吉之伴通信員)

最終更新:9月23日(金)10時51分

日刊スポーツ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。