ここから本文です

米Yahoo、2年前に5億人分の個人情報が盗まれていたことが発覚

Impress Watch 9月23日(金)14時34分配信

 米Yahooは22日(現地時間)、少なくとも5億人分のユーザーアカウント情報が何者かに盗まれたことを発表した。

 Yahooによると、2014年後半に、いずれかの国家の支援を受けたものが同社ネットワークに侵入。ユーザー名、メールアドレス、電話番号、誕生日、ハッシュ化されたパスワード、暗号化されたものとされていないものを含む秘密の質問と答えといった情報が盗まれた。支払いや銀行口座情報は別のサーバーに保存されていたため、漏洩していないという。

 Yahooでは、このことをユーザーにメールで通知するとともに、パスワードの変更やアカウント認証の代替手段の設定を行なうよう案内している。また、暗号化されていない秘密の質問と答えについては、システム側で既に無効化された。

 同社は当局とともに調査を行ない、再発防止のためシステムの改修を行なっていくとしている。

 なおYahoo! JAPANでは、この件による影響はないとしている。

米ヤフーの情報流出について報道がされておりますが、Yahoo! JAPANへの影響はありません。
ご心配をおかけし、申し訳ございません。

― Yahoo! JAPAN (@Yahoo_JAPAN_PR) 2016年9月23日

PC Watch,若杉 紀彦

最終更新:9月23日(金)14時34分

Impress Watch