ここから本文です

グレープシティ、帳票ソリューション「Elixir Report」新バージョン

Impress Watch 9月23日(金)14時58分配信

 グレープシティ株式会社は、高機能PDFデザイナーと、LinuxやWindowsなど複数のOSに対応したレポートサーバーを備える帳票ソリューション「Elixir Report」の新バージョンを9月30日に発売する。1デザイナライセンス価格は20万円(税別)で、運用時には運用サーバーライセンスが必要。

 Elixir Reportは、帳票システムの開発から運用までに必要な、すべての機能を搭載したオールインワン帳票ソリューション。マウス操作だけでPDFを視覚的にデザインできる機能に加え、各種データソースから帳票に必要なデータを抽出・加工できるETLライクなツール、セキュアなファイル管理機能、印刷スケジュール管理機能、メール配信機能、アプリケーションから1リクエストで帳票を呼び出せるREST APIの提供など、帳票システムに必要な機能をすべて搭載。2002年の国内リリース以来、官公庁や大手物流システム、大規模サービス業など、数百社に導入され安定稼働しているという。

 新バージョンとなる8.7JではOLAPに対応。Pentaho Analysis Services(Mondrian)などのOLAPデータベースからキューブデータを取得してチャート化できるなど、大規模ビジネスデータのレポートツールとしても活用の幅が広がった。このほか、日付データに対応したガントチャートの追加や、マップチャートのレイヤー表示、エディタの機能強化などを図っている。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:9月23日(金)14時58分

Impress Watch