ここから本文です

トム・ハンクス&アーロン・エッカート、イーストウッド監督の「無駄のない仕事」に感嘆!

Movie Walker 9月23日(金)16時30分配信

巨匠クリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスが初めてタッグを組んだ映画『ハドソン川の奇跡』が、いよいよ9月24日(土)より公開となる。たくさんのオファーが舞い込むなかでも、「私たちが知らない事実が隠されていると思うと、興味を引かれる」というトム。イーストウッド監督との“特別な時間”を経て、実際に起きた未曾有の航空機事故で何が起きていたのかを、見事に紡ぎ上げた。来日したトムと共演者のアーロン・エッカートを直撃し、イーストウッド監督と過ごした日々について聞いた。

【写真を見る】温かく、穏やかな人柄!大人の魅力たっぷりのトム・ハンクス&アーロン・エッカート

2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ニューヨーク・ハドソン川に機体を不時着させ、乗客全員が生還した航空機事故の真実に迫る物語。トムは「テレビで事故のことは知ったんだ。飛行機がハドソン川に浮かんでいるんだから、これはおかしいぞと思った。またテロが起きてしまったと感じたけれど、実際はまったく違った。素晴らしい1日だったよ」と、事故当日を述懐する。

サリー機長の英断によって成し遂げられた生還劇は、“ハドソン川の奇跡”として日本でも大きなニュースとして報じられた。しかし「英雄」と称えられるべきサリー機長が、乗客を危機にさらしたとして、「容疑者」になっていたことはほとんど知られていない。サリー機長を演じたトムは「サリーと副機長のジェフ(アーロン)は、経験に基づいて『正しいことをやった』と確信していた。そのプロセスはしっかりと説明してくれたよ」、アーロンも「ジェフに話を聞いて、パイロットがどんな仕事かを勉強した。彼も正しいことをやったと自信を持っていたと思う」というように、本人に聞き取りをして役作りに励んだ。

さらにトムは、「自分の仕事を完璧やったにもかかわらず、彼らは自分の仕事を失うかもしれないという負担を受けたんだ。この映画では、どのように着水したかも描かれるけれど、彼らがどのような精神的負担を受けたのかが描かれる。それがこの映画の素晴らしさだと思っているよ」と、奇跡の裏側を見せられたことに胸を張る。

「これは、一人で起こした奇跡ではない。いろいろな人がチームとなって協力し合ったんだ。助け合うという精神が描かれている」とトム。その言葉通り、乗員乗客も生きるために手を取り合い、レスキュー部隊もそれぞれの仕事に誇りを持って挑む姿が見事に映し出される。96分という上映時間のなかに、それらを描き切ったイーストウッド監督の手腕にうなるばかりだが、監督との仕事とはどのようなものだったろうか?

トムは「彼はまさにボスだね」とニヤリ。「アメリカの歴史のなかで、『許されざる者』や『ミスティック・リバー』など洗練された素晴らしい映画を撮っている。現場では『ここはこうやって、ああやって』なんていう話をあまりしないんだよ。『どうぞ』と言われるから、とにかく僕たちはやるしかない(笑)。だからクリントの現場は、まったく時間が無駄にならないんだよ。時間が経つことによってメンタルやエネルギー、集中力が浪費されることがあるけれど、そんなことがまったくない。何十本でも彼と映画を作りたいよ!」。

アーロンは「クルーとの関係が本当に素晴らしいんだ」と目を細める。「今までずっと作品に関わってきた人々と、家族のようになって撮影をしている。誰でもそこに加われば家族の一員として迎えられるので、ものすごく仕事がしやすいんだ。イーストウッド監督は業界の中でアイコン的な存在。僕にとってもヒーローさ。尊敬する俳優・監督だから、誰もが『最高のことをやりたい』と思って準備をして現場にやってくるんだ」。尊敬と信頼で結ばれ、無駄のない仕事をする環境。これこそが、イーストウッド監督の現場にある“特別なもの”のようだ。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:9月23日(金)16時30分

Movie Walker