ここから本文です

USJ、大阪城でライブショー開催へ プロジェクションマッピングで戦国スペクタクル

ITmedia ビジネスオンライン 9/23(金) 17:39配信

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は9月23日、大阪城を舞台にしたライブショー「戦国・ザ・リアル at 大坂城」を12月から来年3月まで開催すると発表した。プロジェクションマッピングなどを活用し、大坂の陣で活躍した真田信繁(幸村)を描くスペクタクルになるという。

【大阪城を舞台にした戦国ライブショーのイメージ】

 USJがパーク外でショーを開催するのは初めて。大阪城西の丸庭園を会場に、大阪城に映し出すプロジェクションマッピングやライブショー、演出用花火などで真田信繁の活躍を体感できるという。

 また「楽市・楽座」を模した夜店が並ぶエリアも設け、戦国時代にタイムスリップしたかのような体験が楽しめるという。

 開催は12月16日~3月12日。料金は大人2480~3480円/子ども1480~2480円。

 大阪市が推進する、大阪城を観光事業などに活用する「PMO事業」の一環。USJは日本発のエンターテインメントを訴求する「ユニバーサル・クールジャパン 2017」を展開しており、来年1月に公開する「ゴジラ・ザ・リアル 4-D」に続く第2弾として開催する。

最終更新:9/23(金) 17:39

ITmedia ビジネスオンライン