ここから本文です

14台のトラックがコースを24時間回り続けて作った“実車時計”が壮観

Impress Watch 9月23日(金)15時46分配信

 トラックなどを手がけるスウェーデンの企業Scaniaが、同社のトラック14台で24時間かけて円状のコースを周回する様子を撮影し、実車による時計映像を作成、公開した。

 時針用に5台、分針用に4台、秒針用に5台のトラックを整列させ、最外周に分のマーカーを設置することで、上空から見ると時計そのものに見える。秒針のトラックは60秒かけて、時針のトラックは12時間をかけてコースを1周する。そのため、秒針の最外周のトラックは時速約60kmを維持しながら24時間で1,440kmを走破するが、分針、時針の最内周のトラックは合計で100mしか移動しない。分針のトラックは1分ごとに進む。

 事前に訓練を受けた総勢90名のドライバー参加し、6時間ごとに運転を交代。そのため、交代時間は秒針の動きが止まるが、時針と分針は動きが低速であるため、終始正確に時刻を刻み続ける。アナログ時計は12時間で表現できるが、昼夜の変化を示すため24時間走行したようだ。

 動画はYouTubeに上げられているのだが、特設ページの「CLOCK VIEW」を押すと、視聴しているユーザーの現在時刻を表示してくれるという懲りようも見逃せない。

 Scaniaはこのプロジェクトで、同社製トラックの堅牢性、安定性、安全性などを訴求したい考えだ。

 余談だが、CGなしで実際のトラックで作られたCMというと、個人的にはVolvoのこの作品も好きだ。

PC Watch,若杉 紀彦

最終更新:9月23日(金)15時46分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]