ここから本文です

<訃報>稲村雲洞さん 91歳=書家、毎日書道会最高顧問

毎日新聞 9月23日(金)19時37分配信

 前衛書をけん引した書家で、毎日書道会最高顧問の稲村雲洞(いなむら・うんどう、本名・稲村行雄=いなむら・ゆきお)さんが23日、老衰のため東京都世田谷区南烏山3の17の6の自宅で死去した。91歳。通夜は28日午後6時、葬儀は29日午前10時半、東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場。喪主は長男で毎日書道会評議員の龍谷(りゅうこく、本名・定則=さだのり)さん。

 福井県生まれ。1944年、福井師範学校卒業。49年、宇野雪村さんに師事。69年、県立藤島高校教諭を最後に教職を離れ上京、作家活動に入る。88年、毎日書道会理事。93年、「今を啓(ひら)く稲村雲洞新作書展」。94年、毎日芸術賞受賞。96年、奎星(けいせい)会第3代会長就任。2004年、傘寿記念「極の宇宙展」。06年、福井・永平寺に「喜悦心」額奉納。11年には米寿記念「喜悦の時空展」を開いた。

 奎星会最高顧問。全日本書道連盟顧問。玄同社主宰。

最終更新:9月23日(金)19時37分

毎日新聞