ここから本文です

蘭・ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、シンガポール公演へ

みんなの経済新聞ネットワーク 9月23日(金)19時2分配信

 オランダ・アムステルダムに本拠地を置くロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が来年1月27日、シンガポールのエスプラネード(1 Esplanade Drive)で一夜限りの公演を行うことが決まった。シンガポールでは初めての上演となる。(シンガポール経済新聞)

 ウィーン・フィル、ベルリン・フィルと並び世界三大オーケストラと称される同楽団。2014年にダニエレ・ガッティさんが第7代首席指揮者に任命され、2016~2017年はダニエレさんが同楽団を率いる。

 曲目は、ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」「海―管弦楽のための3つの交響的素描」、ブルックナー交響曲第4番を予定する。

 チケットは80シンガポールドル~で、現在発売中。エスプラネードのウェブサイトから予約できる。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月27日(火)10時19分

みんなの経済新聞ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。