ここから本文です

ハイコンポ復権? オンキヨー、名機「INTEC」を復活へ

ITmedia LifeStyle 9/23(金) 19:02配信

 オンキヨーは9月23日、同社サイトのAudio&Visual製品ページにティーザー(予告)バナーを掲載した。記された文字は「INTEC」。アンプのボリュームノブのようなイメージが添えられている。

ボリュームノブのように見えるティーザーバナー

 オンキヨーのINTECといえば、小型であっても本格的な音が楽しめる“ハイコンポ”というジャンルを確立したシリーズ。1994年に誕生した「INTEC275」は、フルサイズコンポーネントの約半分となる幅275mmサイズながら音質の評価は高く、またDATやMDプレーヤー、サラウンドプロセッサーなど幅広いコンポーネントをそろえていたことも特徴だった。

 1995年には横幅をさらに狭め、185mmとした「INTEC185」が大ヒット。さらに同社のベストセラーとなった一体型コンポ「FRシリーズ」もINTECのデザインコンセプトを踏襲するなど、同社の製品開発にも大きな影響を与えた。

 INTEC自体は、2009年の「INTEC205」シリーズを最後に生産を終了しており、新製品が登場すれば実に7年振りとなる。

最終更新:9/23(金) 19:02

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。