ここから本文です

ハイコンポ復権? オンキヨー、名機「INTEC」を復活へ

ITmedia LifeStyle 9月23日(金)19時2分配信

 オンキヨーは9月23日、同社サイトのAudio&Visual製品ページにティーザー(予告)バナーを掲載した。記された文字は「INTEC」。アンプのボリュームノブのようなイメージが添えられている。

ボリュームノブのように見えるティーザーバナー

 オンキヨーのINTECといえば、小型であっても本格的な音が楽しめる“ハイコンポ”というジャンルを確立したシリーズ。1994年に誕生した「INTEC275」は、フルサイズコンポーネントの約半分となる幅275mmサイズながら音質の評価は高く、またDATやMDプレーヤー、サラウンドプロセッサーなど幅広いコンポーネントをそろえていたことも特徴だった。

 1995年には横幅をさらに狭め、185mmとした「INTEC185」が大ヒット。さらに同社のベストセラーとなった一体型コンポ「FRシリーズ」もINTECのデザインコンセプトを踏襲するなど、同社の製品開発にも大きな影響を与えた。

 INTEC自体は、2009年の「INTEC205」シリーズを最後に生産を終了しており、新製品が登場すれば実に7年振りとなる。

最終更新:9月23日(金)19時2分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]