ここから本文です

<ICAO>台湾を招かず…中国が圧力か 27日総会開催

毎日新聞 9月23日(金)20時0分配信

 【台北・鈴木玲子】台湾の蔡英文総統は23日、カナダ東部モントリオールで27日から開催される国連の専門機関、国際民間航空機関(ICAO)総会に台湾の参加が認められなかったとして、ICAOに対し「航空安全の重大な損失で誤った決定だ」として「強い遺憾と不満」を表明した。

 独立志向の強い民進党の蔡政権が、中国の迫る「一つの中国」原則を認めないことから、中国が国連関連の会議から台湾を締め出す妨害行為を強め始めたとみられている。対中政策を主管する台湾の大陸委員会は同日、声明で「中国大陸の政治的な関与による」と指摘し、強い不満を表明した。

 ICAOは航空安全の基本ルールを決定する機関で、3年ごとに総会を開催。台湾は対中融和路線の馬英九前政権だった前回2013年総会に、1971年の国連脱退後初めて「中華台北」の名義で「特別ゲスト」として参加した。

 国連に関連する会議をめぐっては、7月にローマで開かれた国連食糧農業機関(FAO)の水産委員会(COFI)で台湾の出席予定者が入場を拒否されたと、今月21日に台湾政府が明らかにした。台湾は2001年から、非政府組織(NGO)名義で参加してきた。

最終更新:9月23日(金)20時0分

毎日新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。