ここから本文です

日本の独自制裁期待=北朝鮮核問題で圧力強化訴え―韓国統一省次官

時事通信 9月23日(金)16時10分配信

 【ソウル時事】韓国統一省の金炯錫次官は22日、時事通信とのインタビューに応じ、「北朝鮮は追加核実験をいつでも実施できる準備態勢にあるというのが、国際社会の共通の判断だ」と指摘した。

 その上で、追加核実験を防ぐために圧力を強化していく必要があるとして、日本政府独自の追加制裁に期待を表明した。

 北朝鮮政策を統括する統一省のナンバー2である金次官は「日本政府は既に、5回目の核実験前に強力な独自制裁を科している。その延長線上で追加的に可能な部分に関して、日本政府の判断で(新たな制裁を)決定すると期待している」と述べた。また、「韓日が北朝鮮の非核化実現に向け、確固とした意志を共有し、北朝鮮が非核化の道を歩むよう共同で努力していくことが重要だ」と訴えた。

 さらに、拉致問題に関して「韓国国民も北朝鮮に連れ去られている。非人道的な状況を解決するため、韓日間で協力できる部分があれば、十分協力可能と考えている」と語った。 

最終更新:9月23日(金)16時21分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。