ここから本文です

【内田雅也の追球】阪神 中村GMの一周忌に捧ぐ快勝

スポニチアネックス 9月23日(金)8時15分配信

 ◇セ・リーグ 阪神4―1広島(2016年9月22日 マツダ)

 季節は巡り、秋分の日を迎えた。思えば、昨年のきょう、23日も秋分の日だったのだと、今になって気づいた。

 阪神ゼネラルマネジャー(GM)だった中村勝広が永眠した日である。遠征先・東京のホテルで脳内出血による急死、66歳だった。

 「まだ1年ですから……」と夫人は今も深い哀しみの中にいた。母を思いやる長女によると「1年目ですから、父がいなくなって初めて訪れる、その季節季節で、思い出しますから」。

 自宅が面する通りは「桜道」と名がついている。満開の桜や色づく紅葉に、思い出がよみがえる。あの時は桜が……紅葉が……涙がこぼれた。

 一周忌を前に、阪神は広島に快勝してみせた。それも、北條史也、上本博紀がこれまで全敗の難敵クリス・ジョンソンから、高山俊もジャクソンから本塁打を放った。一発攻勢は、天国の中村が最も喜ぶだろう勝ちっぷりだった。

 中村はよく「ホームランだよ。ホームランは野球の華なんだ」と話していた。自身は現役時代、好打好守の二塁手で主に1、2番を打った。実働11年で本塁打は76本に過ぎない。それでも阪神監督に就き、描いたのは一発長打で叩きのめす野球だった。監督は、自身にはなかった野球を求めるものなのだろう。

 GMになると、親交が厚く、同郷千葉の後輩でもある掛布雅之(現2軍監督)をGM付育成&打撃コーディネーター(DC)に招いた。「おまえのような打者を育てたいんだ」と和製大砲育成を期待していた。

 現役当時の話、特に自身の活躍は口にしなかった中村だが、飲めば懐かしそうに話した。巨人のエース堀内恒夫に強かった。「インコースが好きでね」と時折、左翼席に放り込んだ。74年5月22日の甲子園では逆転決勝満塁弾、76年8月1日の甲子園では本塁打を含む4安打を放っている。

 この日、中村のように1、2番を打った北條と上本が、中村が好きだった内角球を左翼に放り込んだ。中村が育成を託した掛布のような左打者の3番・高山が、掛布のように引っ張った。

 昨年11月19日、甲子園球場でのお別れの会で吉田義男は「あなたの魂は永遠」と弔辞を読んだ。そう、阪神再建に命を削った心は息づいている。

 道半ばで逝った中村の遺志を継ぐ、そして中村に捧ぐ快勝だと心に留め置きたい。 =敬称略= (スポニチ本紙編集委員)

最終更新:9月23日(金)18時32分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]