ここから本文です

メッシ招集断念でアルゼンチン監督がバルセロナに苦言「もっと大事に…」

デイリースポーツ 9月23日(金)18時38分配信

 サッカーのアルゼンチン代表がFWリオネル・メッシの招集を見送る決定をした。21日のスペイン1部リーグ、アトレチコ・マドリード戦で右足内転筋の肉離れで全治3週間の負傷をし、戦線離脱を余儀なくされたため。これを受けて同代表のエドガルド・バウサ監督は 「もっとメッシを大事に扱ってくれないと…」と、所属のバルセロナに注意を促した。23日のスペイン紙エル・ムンド・デポルティボなどが報じた。

 招集断念はバルセロナ医療チームの報告をもとに、アルゼンチン協会の専門家が話をした上で出されたもの。新監督として事実上“最初の仕事”でメッシの代表引退を翻意させているバウサ監督は、メッシを戦力にできない状況を納得できていない様子だ。

 また、全治期間とされている3週間後にちょうど国際試合ウィークが終わり、所属クラブでの試合欠場は最少限にとどめられそうな流れも怒りに火をに油を注いでいるようで「バルセロナは我々にメッシを大事に扱うように求めるが、彼らがすごく大事にしているってことはない。メッシはいつでもすべての試合に出たがり途中交代を好まないが、状況を分析するために医師やテクニカル・ディレクターがいる」とし、選手の管理が不十分ではないか、との見解を示した。

 なおメッシ本人は「数日じっとしていなければいけないけど、それはより強くなって戻って来れるようにするため」と自身のソーシャルサイトにメッセージを残している。

最終更新:9月23日(金)18時42分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。