ここから本文です

新井敏弘選手、レッドブル・グローバルラリークロス選手権LAラウンドに参戦

Impress Watch 9月23日(金)16時34分配信

 スバル(富士重工業)の現地法人であるスバルオブアメリカ(SOA)とSTI(スバルテクニカインターナショナル)がサポートするスバルラリーチームUSAは、10月8日~9日(現地時間)に米ロサンゼルスで行なわれる2016年レッドブル・グローバルラリークロス(GRC)選手権 最終戦に、新井敏弘選手が参戦すると発表した。

 新井選手は1990年のデビュー以来、2005年、2007年のプロダクションカー世界ラリー選手権や2015年の全日本ラリー選手権での総合優勝をはじめ、国内外のラリー選手権で数々の実績を残してきた人物。今回のレッドブル・グローバルラリークロス選手権 最終戦には新井選手とともにデビッド・ヒギンズ選手(英国)、クリス・アトキンソン選手(豪州)の3名がWRX STIラリークロスカーで参戦する。

 今回の参戦について、新井選手は「今回、スバルラリーチームUSAのドライバーとして、600馬力のエンジンを搭載するWRX STIラリークロスカーで参戦できることを非常に嬉しく思っています。GRCは以前から注目していたレースで、とても楽しみにしています」とコメントしている。

Car Watch,編集部:小林 隆

最終更新:9月23日(金)16時34分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]