ここから本文です

「カードを紛失したらカードを手元に用意してください」 クレジットカードのお問い合わせページがとんちを要求してくると話題に

ねとらぼ 9/23(金) 20:49配信

 au Wallet クレジットカードの公式サイトにある「紛失・盗難」のページに、「お問い合わせの際は、お手元にカードをご用意のうえ、お問い合わせください」という表記があると話題になっています。失くしたって言ってるじゃないですか! お手元にご用意できません!

【画像:現在は修正済み】

 カードを失くしたら、まずはカードを用意。ユーザーにとんちが求められているかのようですが、もし実際にカードをなくしてしまった場合は“詰み”の状態になってしまうのでしょうか。

 KDDIに問い合わせてみたところ、やはりこの表記はミスだったとのこと。現在は、「お問い合わせの際は、お手元にカードをご用意のうえ、お問い合わせください」の表記自体が消えています。

 同じ表記は別のページでも使われているため、そのまま使ってしまったのかもしれません。紛失しても“詰む”ことはなさそうですので、一安心です。ただし、同ページに書かれた、「カードの紛失・盗難をした場合」という表記も、若干おかしい気がしないでもありません。

最終更新:9/23(金) 20:49

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]