ここから本文です

山岸竜之介が初の主演舞台でギター少年役、ヒロインは新垣里沙

音楽ナタリー 9月23日(金)19時0分配信

山岸竜之介(LIFE IS GROOVE)が11月14~20日に東京・ザムザ阿佐谷で上演される舞台「星空ロック」の主演を務めることが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「星空ロック」は2014年夏に「青少年読書感想文全国コンクール」の課題図書に選出された、ドイツ・ベルリン在住の作家・那須田淳のベストセラー小説を原作とした舞台で、人前に出るのが苦手なギター少年・レオのひと夏の体験が描かれる。かつてTBS系で放送されていたバラエティ番組「さんまのスーパーからくりTV」に出演し“天才ギター少年”として話題を集めた山岸がレオ役を務めるほか、ヒロインのリサ役を新垣里沙、ユリアン役を平牧仁が演じる。

新感覚音楽劇「星空ロック」
2016年11月14日(月)~20日(日)東京都 ザムザ阿佐谷
<出演者>
山岸竜之介(LIFE IS GROOVE) / 新垣里沙 / 平牧仁 / and more

最終更新:9月23日(金)19時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。