ここから本文です

裏表のない「正直ヒラメ」発見 体の両面が茶褐色 山口

朝日新聞デジタル 9月23日(金)22時35分配信

 体の両面が茶褐色の珍しいヒラメが、山口県萩市の萩博物館で飼育展示されている。全長47センチ。22日に萩市沖で釣り人のさおにかかった。

【写真】両面が茶褐色のヒラメの左面(萩博物館提供)

 ヒラメは孵化(ふか)してしばらくは体全体が透明。やがて海底で体の左側を上にして生息するようになり、左面は茶褐色に、右面は白色に変わる。

 「何らかの理由で色素細胞の変化が通常通りに進まなかったとみられる」と同館の担当者。裏表のない「正直ヒラメ」の展示は25日まで。

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)23時49分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。