ここから本文です

銀杏BOYZの名曲が橋本愛&宮崎あおい共演映画「バースデーカード」挿入歌に

音楽ナタリー 9/23(金) 19:01配信

銀杏BOYZの楽曲「銀河鉄道の夜」と「BABY BABY」が、10月22日より全国ロードショーされる映画「バースデーカード」の挿入歌として使用されることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「バースデーカード」は橋本愛演じる鈴木紀子が亡き母から毎年届くバースデーカードを通して成長していく姿を描いた作品。若くして亡くなってしまう母・芳恵を宮崎あおいが、父・宗一郎をユースケ・サンタマリアが、弟・正男を須賀健太が演じる。紀子が母の故郷・小豆島を訪れた際に出会うロック好きの女子中学生・真帆の部屋には銀杏BOYZやGOING STEADYのポスターやCDが所狭しと飾られており、「銀河鉄道の夜」と「BABY BABY」は彼女と紀子が打ち解けるきっかけとして劇中で使用される。なお主題歌は木村カエラが担当している。

吉田康弘監督 コメント
小豆島の片隅で引き籠る女の子の心の支えになっている音楽という設定で使用させて頂きました。彼女のように社会や学校で傷つき、殻に閉じこもった人が、音楽によって救われるという話は、日本のどこかしこにある話だと思います。銀杏BOYZの純粋性と楽曲の持つ躍動感が、橋本愛さん演じる主人公・紀子の心情と重なり、とても豊かなシーンになりました。大好きな銀杏BOYZの大好きな楽曲を劇中で使用させて頂き、大変感謝しております。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。
※※吉田康弘の吉は土に口が正式表記。

最終更新:9/23(金) 19:01

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]