ここから本文です

死んだはずの幼なじみとカメラの中で再会、新鋭が描くMJ新連載

コミックナタリー 9月23日(金)19時26分配信

本日9月23日に発売されたミラクルジャンプ10月号(集英社)にて、新鋭・内海瀬戸による短期集中連載「君に贈るロードショー」がスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「君に贈るロードショー」は幼い頃、映画監督を目指していた大学生の青年・涼太を主人公に描く物語。女優を目指していた幼なじみの少女・ひまりを事故で失ったことから、いつの日か夢への情熱を失ってしまっていた涼太だったが、昔使っていたカメラにひまりが宿り、ファインダーを覗くと自分に語りかけてくるのを発見する。

このほか今号では吉田恵里香作、上田宏画による「TIGER & BUNNY」が完結。奥浩哉原作によるフル3DCGアニメ映画「GANTZ:O」が10月14日に公開されることを記念したピンナップも付属している。

最終更新:9月26日(月)14時31分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。