ここから本文です

「チームの力になれなかった」阪神・福原の一問一答(1)

デイリースポーツ 9月23日(金)18時50分配信

 阪神・福原忍投手(39)が23日、兵庫県西宮市のホテルで会見を開き、今季限りでの引退を発表した。タテジマ一筋18年間の現役生活に別れを告げる決断を下した右腕。背番号28のユニホーム姿で臨んだ会見では時折、涙で声を詰まらせながら心境を語った。会見での一問一答は次の通り。

 (冒頭に福原本人からあいさつ)

 「私、福原忍は今シーズンをもって現役を引退します。いろいろな方に支えられて18年間、現役を続けることができました。本当に感謝しています。ありがとうございました」

 (代表インタビュー)

 -引退を決意したきっかけは。

 「4月に2軍の方に落ちて、なかなか調子が上がらなかったのもありますけど、チームの力になれなかったということです。あとは2軍の方でも結果が出なかったですし、空振り、ファウルを取れると思ったボールが捉えられたということがあります」

 -引退の決断を相談した相手は。

 「いろいろな方に相談して、引退を決断しました。先輩の下柳さんとかに相談して」

 -どういう言葉が返ってきた。

 「『まだ、やれるやろう』という言葉もいただきましたし、そういう中でなかなか自分でも結果が出なかったので、引退を決めました」

最終更新:9月23日(金)20時22分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。